暖冬の影響で春野菜の出荷早まる! お買い得な野菜は?【イマネタ】2024年2月20日放送



お得情報の動画概要

暖冬の影響で2月中旬にもかかわらず、春野菜がスーパーの売り場に登場しています。
名古屋市・千種区のスーパー、サンエース春岡店を取材しました。

サンエース春岡店・宮下裕基店長:
「例年より2週間ほど早い。暖冬の影響で野菜の生育が早いと聞いている」

 暖冬で、いつもより早く登場した野菜は「春キャベツ」に「菜の花」、「新玉ねぎ」や愛知県産の「ファーストトマト」などが例年より2週間ほど早く出荷されているんです。

 変化はそれだけではありません。暖冬に加え、雨の日が少ないなど、気候が安定していたことから、特に露地野菜の収穫量が増加。

 2月19日、コチラでは「白菜」が去年のほぼ半額という1カット106円。

 「キャベツ」が去年より2割安い1玉139円、「ほうれん草」が3割安い1束108円で売られていました。

 そして今、1番お買い得というのが「トマト」。

 暖冬により、ハウスの暖房代など必要経費が抑えられ、さらに生育が早まったことにより、相場が下がっているのだそう。

 一方で、去年の猛暑により不作だった北海道産の玉ねぎは去年より3割から4割ほど高くなっているといいます。

#メーテレ #名古屋テレビ #ドデスカ #ドデスカプラス #野菜 #暖冬 #トマト #キャベツ

【メ~テレニュース】
●https://www.youtube.com/@NagoyaTVnewsCH
【ドデスカ!ch】
●https://www.youtube.com/@dodesuka

【X(旧ツイッター)】
●メ~テレニュース 

●ドデスカ!

●ドデスカ!+
twitter.com/dodeplus_6ch

コメント